トピックライティング

2018年03月30日

 
いま文章系Web CMSの仕様検討しているので備忘録。文章単位をどう扱うか、文章構造とは何か、が判ってないと結局HTMLも語れないのが辛いところ。
そこでトピックという単位が出てきた。これがまたややこしい。こちらに詳しい事が書いてありました。
文章コンテンツを構造と捉え、流用をベースとした文品管理を行います。
このトピックという部品単位で各コンテンツをライティングし、編集する手法がトピックライティングとなります。
メリットは、
・部品化することにより部品単位で複数人で同時多発的に文章制作ができる
・重複作業を回避できる
多分にXMLの考え方ですな。効率化です。
つまりイラレ的なレイアウト指向の制作ではなく、スタイルはテンプレを用意して入力した文章を別途流し込めばOKということ。
個別のページやコンテンツごとに特殊なデザインを使用せず、均一で大量な文書をこなすには適した方法と思います。

 


XML DITA CMS TOPIC Writing